2020.4.4
海外営業支援

なぜ日本のクラフトビールは米国市場で成功したのか

長年にわたり、クラフトビールのシンプルで確かな味は米国中のバーで不動の地位を確立してきました。1000億ドル規模の巨大な米国のビール市場において、小規模のクラフトビール醸造所は大企業に引けを取らない存在感を示しています。ところで、そもそもクラフトビールとは何でしょうか。

クラフトビールは、成人向け飲料の一種で、スーパーマーケットで販売されている通常の6缶パックのビールのように大量生産ではなく、小規模のクラフトビール醸造所で伝統的な技術を用いて生産されています。

日本のクラフトビール醸造所も、米国で評判となり、年々売り上げを伸ばし続けています。彼らは非常に緻密に手をかけてビールを製造することで知られています。日本のクラフトビールの素晴らしい際立った風味は、同国の天然原料を利用しており、その他の米国ビール業界とは一線を画しています。

しかし、一体どのようにして日本のクラフトビール醸造所が米国市場に浸透できたのでしょうか。そして、彼らのクラフトビールの何が米国民を惹きつけるのでしょうか。

日本のビール愛
日本のビール文化が始まったのは、17世紀にオランダ人がこの国にアルコール飲料を持ち込んだ時です。それ以来、ビールはこの国の文化に溶け込み、強い人気を誇るこの飲み物の独自のブランドができるまでになりました。

日本ではほとんどの企業が、社員同士の繋がりが深まり、距離が縮まるように、仕事終わりにバーや居酒屋で、飲み会と呼ばれる飲酒パーティーを実施しています。この仕事終わりの慣習で大量のビールが消費されることが、日本がクラフトビール造りに優れている理由を示しているのかもしれません。

アメリカのビール愛
アメリカでは、ビールはただの飲み物ではなく、ポップカルチャーの大きな部分を占めています。それはザ・シンプソンズやファミリー・ガイなどの象徴的なアニメ番組でも明らかです。ホーマー・シンプソンやピーター・グリフィンは平均的なアメリカの父親像を示しており、それぞれダフビールとポータケットパトリオット(Pawtucket Patriot)ビールを愛飲しています。

また、歴史的にさまざまな種類のアルコール飲料と接触してきたアメリカ人は、ビールに関して強いこだわりを持っています。しかし、米国中のバーや店頭で手に入る複数の種類のビールの中でも、多くのアメリカ人は日本のクラフトビールの大ファンです。

豊富な種類
日本のクラフトビール醸造所は、消費者の嗜好をよく分かっています。彼らは新鮮な飲料を造るに留まらず、幅広い風味を提供してあらゆる好みに応えています。

本格的な日本のクラフトビールはすべて、完璧な風味の組み合わせとバランスを作り出すため、徹底的かつ革新的なプロセスを経ています。あらゆる全ての種類のクラフトビールが、消費者の好みのイメージになじんでいるのです。日本のクラフトビールの種類は、インディア・ペール・エール(IPA)、ポーター、スタウト、ペールエールなどがあります。

健康上のメリット
クラフトビールの利点の1つは、普通のビールと比べてはるかに体に良い選択肢であることです。日本がものづくりにおいて体への良さに重点を置くという事実も加わって、米国の消費者はすでに日本のクラフトビールが彼らにとって素晴らしい選択であると知っているのです。

日本のクラフトビール醸造所は、タンパク質や抗酸化剤、シリコン、ビタミンBを豊富に含む原料を用いて、ビールを調合しています。よって、熱心なビール好きは、アルコール飲料を楽しむだけでなく、その恩恵も受けることになります。

原料
日本のクラフトビール醸造所は自分たちの商品に誇りを持っています。彼らは、生産量や予想される売上を最重視するのではなく、品質第一のアプローチと入手できる中で最高の原料を使用したクラフトビール造りを行います。

倉庫で保管された、穀物や酵母、ホップ、大量の水などの原料でできる一般的なスーパーマーケットレベルのビールとは対照的に、日本のクラフトビールに使用されている新鮮な原料は、本格的で際立った味を生み出します。

アルコール度数
クラフトビールは、多くの健康上のメリットを持つため、より健康的であると考えられる反面、大規模醸造所や大量生産のビールよりも多くアルコールを含んでいます。

一般的な瓶ビールのアルコール度数が2~3%であるところを、日本のクラフトビール醸造所では、1杯あたり10%にもなるアルコールで全ての樽を満たしています。つまり、消費者は支払う代金に対してより強いビールを飲むことになるのです。結果として、その強力な品質ゆえにアルコール消費を減らすことができるでしょう。

環境配慮の取り組み
今日、企業は現代的な生産方法、つまり、より環境に安全な技術を取り入れることを強く求められています。日本のクラフトビール醸造所は以前から伝統的なビール生産方式を用いており、その環境に配慮したアプローチによって米国ですでに多くのファンに支持されているのです。

日本のクラフトビール醸造所は持続可能な取り組みを行っています。例えば、代替エネルギー源の利用、堆肥化、ビール粕または大麦麦芽・穀粒のコンパクト廃棄物の再利用、そして使い捨てのアルミ缶やボトルを不必要にする再利用可能な小樽やグロウラー、樽の利用などが挙げられます。

まとめ

日本人は世界で最も情熱的で献身的な人々に数えられます。彼らは技術を磨くために無数の時間を費やすことで有名です。当然、彼らはクラフトビールにも同様の熱意を注いでいます。

日本のクラフトビールの新しい調合と風味の製造にかけられる職人技と熟練は申し分がありません。彼らは消費者を獲得するためだけに、どんな苦労も惜しまずあらゆる手段を講じます。日本のクラフトビール醸造所の深い情熱と伝統技術のために、その商品はアメリカ市場の最も熱烈なビール好きからも愛されているのです。

さらに、その本格的な味や最高の品質、豊富な種類、健康上のメリット、新鮮な原料、そして価格によって、彼らのビールは米国の消費者の間で非常な人気を博しています。

こうした全ての要素が、日本のクラフトビール醸造所が巨大な米国市場に浸透し、ビール好きのアメリカ市民からクラフトビールが求められるようになった理由に繋がっているのです。

CATEGORY

Contact

件名
貴社名
ご担当者氏名
E-Mail
連絡可能な電話番号
貴社URL
お問い合わせ内容
TandemSprintの4つのサービス
海外営業支援調査・販路開拓現地法人設立・運営支援不動産取得・拠点開設