海外進出・展開を目指す日本企業をサポートする America Business Media

  • Facebook
  • LinkedIn
  • Line
  • Twitter

越境ECで海外進出・海外展開を目指す企業をサポートする 越境ECメディア

飲食・フード
2020.09.08

越境EC成功のために現地デジタルマーケティングの最新手法を学ぶ

  • Facebook
  • LinkedIn
  • Line
  • Twitter

1.はじめに:越境ECにおけるデジタルマーケティングの最新トレンド

今日のデジタル時代では、テクノロジーの急速な発展により、特に電子商取引や越境ECの分野において、マーケティング環境が目まぐるしく変化しています。新しい手法が日々出現し、越境ECにおけるデジタルマーケティング担当者は、最新情報をキャッチアップするために努力しています。国際的なwebマーケットで成功を収めるためには、これらの新たなトレンドを把握しておくことが不可欠です。

海外進出を考えている日本企業にとって、特にecサイトや店舗での商品販売を促進するためのデジタルマーケティングは重要な要素です。海外市場での成功には、現地の消費者に適したマーケティング手法の採用が効果的です。これにより、国際的なモールや市場での出店戦略を強化し、競合に後れを取らないようにすることが可能です。

海外でのトレンドが日本に入ってくるのに時間がかかることも多いため、特に越境ECを展開する際には、現地で流行しているマーケティングトレンドを事前に把握しておくことが重要です。そこで、本稿では2020年の主なマーケティングトレンドをいくつか紹介します。海外進出においてマーケティングで遅れを取らないよう、これらのトレンドを積極的に取り入れていくことをお勧めします。

2.越境ECにおけるSNS投稿の直接販売効果

現在、越境ECを含む多くの電子商取引事業者がソーシャルメディアの利用を重視しています。ソーシャルメディアは情報をいつでもどこでも簡単に得ることができるユビキタスな性質を持ち、国際的なオンラインマーケティングにおいて不可欠です。実際、SNS上で商品を購入する国際消費者も増えています。

例えば、Instagramユーザー2,000人を対象にした調査では、投稿を見た後にファッションや美容製品の購入を行った割合が72%にも上りました。Pinterestユーザー4,000人以上を対象にした調査では、70%が新しい製品を発見していることが明らかになりました。これらは、越境ECにおけるSNSの効果的な利用が大きなチャンスであることを示しています。

Facebook、Pinterest、Instagramなどの主要SNSプラットフォームでは、企業がソーシャルメディアを通じて国際顧客に直接簡単にアクセスできる機能が提供されています。これらのプラットフォームでは、投稿自体にecサイトでの購入可能オプションを設定でき、ユーザーがその投稿から直接商品を購入できるようになっています。このようなSNSマーケティングは、新しい顧客に迅速かつ簡単にリーチできるため、越境ECにおける新しいビジネス構築に非常に有効です。ソーシャルメディアを利用することで、商品の販売プロセスを短縮し、国際的な消費者へのアクセスが容易になります。このため、SNSを通じた直接販売が今後の越境ECのスタンダードになると予想されます。

3.越境ECにおける仮想現実と拡張現実の活用

近年、越境ECを含む電子商取引において、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の両者が大きく注目されています。ARは実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示し、現実を仮想的に拡張します。一方のVRは、人間の五感を刺激し、人工的に作られた仮想空間を体感させます。これらは越境ECの商品販売や店舗展開、webベースの取引において新たな体験を提供する手段となっています。

特にARの活用は、国際的なマーケットにおける越境ECのマーケティング戦略に革新をもたらしています。例えば、家具販売の大手IKEAはARを使ったアプリで、消費者が自宅で製品を試せる体験を提供しています。これにより、国際的な消費者が自宅からIKEAの商品を試して、購入を検討できるようになります。さらに、消費者はARで試した家具でウィッシュリストを作成でき、購入までのエンゲージメントを向上させています。

日本企業が海外進出、特に越境ECでオンラインショップを展開する際、実際に商品を手に取って体感できない課題があります。ここでARなどを利用すると、消費者は自宅にいながら商品を試すことができ、ecサイトやモールでの商品販売に対して、顧客の体験を向上させることが可能になります。これは、国際的な配送や出店戦略においても、消費者に商品の特徴を伝える効果的な方法となり得ます。

海外進出・海外展開をワンストップで支援-国際ビジネス法務サービス-

4.越境ECにおけるインタラクティブでパーソナライズされたコンテンツの活用

コンテンツマーケティングの重要性は越境ECにおいても認識されており、特に国際的な電子商取引においては、充実したコンテンツの提供がマーケティングの基本です。消費者にとって有益で高品質なコンテンツをwebやecサイト上で提供することは、検索上位を狙い、国際的な顧客へのエンゲージメントを高めるために必須です。特にビデオコンテンツは、他の形態のコンテンツよりも、国際的な消費者の目に止まりやすいと言われています。

Facebook LiveやInstagram Liveなどのライブビデオは、録画ビデオに比べて長い視聴時間を得ています。これは、越境ECにおいてもインタラクティブなコンテンツが好まれる傾向にあることを示しています。インタラクティブなコンテンツは、消費者が自ら共有したいという意欲を高め、ブランドの国際的な認知度を高めるのに役立ちます。

さらに、越境取引では、よりパーソナライズされたコンテンツの重要性が高まっています。一般向けのマーケティングでは消費者は自分に関係ないものと感じがちですが、パーソナライズ化されたコンテンツは、消費者に対して直接的にアプローチし、国際的な店舗や出店の効果を高めることができます。

日本企業にとって、パーソナライズされたマーケティングは日本のおもてなし文化に通じるものがあり、これは越境ECにおいて有利な面となり得ます。消費者は一般的なメッセージよりも、自分個人に向けたメッセージを望んでいます。したがって、マーケティング戦略において、商品やサービスを個々の顧客のニーズに合わせてカスタマイズし、ecサイトやモールでの販売を通じてパーソナライズされた体験を提供することが、国際的な顧客のエンゲージメントを高める効果的な方法です。このように、インタラクティブでパーソナライズされたコンテンツは、越境ECにおいてますます重要になってくるでしょう。

5.越境ECにおけるマーケティングトレンドのキーポイント

現代は、情報が手軽に得られる時代であり、消費者は時代の変化に敏感です。これは、国際的な電子商取引、特に越境ECの分野においても当てはまります。消費者は革新的でスピーディなサービスを求めており、時代遅れなサービスや煩雑な手順は顧客離れを引き起こす原因となります。これは、越境ECでの商品販売やマーケティング施策においても重要です。

企業は、消費者が新鮮と感じるサービスを次々と生み出し、それをトレンドに合わせた手法で国際的な顧客に訴求する必要があります。特にSNSの役割が増大しており、ソーシャルメディアのプラットフォーム上で、企業のecサイトや店舗にアクセスし、購入・決済まで行える流れが主流になっています。消費者の関心を維持しながら、短いステップで購入まで誘導することが越境ECにおけるマーケティングの鍵です。

このトレンドでは、オフラインの店舗とオンラインの電子商取引間の境界がますます曖昧になってきています。これまでは別々のアプローチが採られていましたが、今後はオムニチャネル戦略により、オフラインの店舗とオンラインのecサイト、国際的なモールや出店戦略が一体となったカスタマージャーニーが重要になります。そのため、企業は、消費者の購買活動を数値化・分析・対策する際に、実店舗とECサイトを統合したマーケティング戦略を採用する必要があります。これにより、越境ECにおける販売と取引の効率が向上し、グローバルな競争力が高まるでしょう。

6.最後に:越境ECにおける顧客中心のマーケティング戦略

ビジネス、特に越境ECを成功させるには、新しいトレンドの把握と採用に加えて、顧客中心のマーケティング施策が重要です。マーケティングとカスタマーサービスを横断するアプローチは、国際的なecサイトやモールでの商品販売において効果的でしょう。

顧客の満足度を上げることは、越境取引におけるコンバージョンの増加、口コミの拡散、自然発生的なマーケティングに直結します。デジタルマーケティングの普及とカスタマーファーストへのシフトは、日本企業が海外、特にアメリカ市場での越境EC展開にプラスに働く可能性があります。日本の高品質なカスタマーサービスを海外の消費者に提供し、その経験をデジタル媒体で広めることで、消費者の満足度を高めることが可能です。

一方で、日本企業はデジタルマーケティングの急速な進展に対応するのに時間がかかることがありますが、テクノロジーの進化に適応し、効率的な手法を追求することが重要です。特に越境ECでは、最新のトレンドやテクノロジーを活用したデジタルマーケティングがビジネス成功の鍵となります。
日本の細やかなカスタマーサービスと最新のデジタルマーケティングの融合により、国際的な競争において優位に立つ強力なマーケティング戦略を展開できるでしょう。これにより、越境ECにおける商品の販売や配送、ecサイトや店舗の出店戦略がさらに強化されます。

海外進出・海外展開をワンストップで支援-国際ビジネス法務サービス-
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Line
  • Twitter
越境ECメディアでは、
越境ECで海外進出・海外展開を目指す
企業に向けた最新の情報を、
EC・越境ECと、
海外進出・海外展開のサポートを専門とする
TandemSprint, Inc.
(代表者 弁護士小野智博)が解説する
メディアサイトです。

【運営者】
TandemSprint, Inc.
代表者 小野智博(弁護士)
所属:東京弁護士会、
弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Line
  • Twitter

海外進出・展開を目指す日本企業をサポートする
タンデムスプリントグループの
メルマガ

アメリカの最新ビジネス情報・動向をお届け。
無料で読めるメルマガの登録はこちらから。

プライバシーポリシーに同意の上、
登録してください。

ページトップへ戻る